明見鍛刀場  刀鍛冶 賀島三椀

 Myouken Japanese sword factory三椀
三徳包丁157o 白一鋼

santoku chef knife Three-layer structure

Steel material: Yasuki steel sirogami #1

写真をクリックすると拡大します Click to enlarge
e-mail:
myouken_tantoujyou@
icloud.com
Internationalshipping is $ 20
paypal payment










柄と包丁の接合部にエポキシ樹脂を充填しています




当鍛刀場では、包丁刃材は白紙鋼のみで製作しています。


白紙鋼とは、

鉄と鋼のシンプルな構成のため熱処理速度に特に注意が必要な素材です。

合金元素が含まれているものより結局のところ研ぎやすく、研ぎやすいから長く切れる刃がつけられる。

熱のかかる重切削を行うような工具には向いていない手工具用の材料です。


刀身は上質な白紙一号鋼を極軟鋼に割り込んだ構造

熱によって製作時に不具合発生のリスクが高い鋼材ですが、同じ鋼しか使わないことで感覚がズレないようにしています。


いろいろなところに工夫をしています

刃のカーブや、重量バランス、食材の切り離れなど、一見しただけではわからないところに特に力を注いでいます。

炭素拡散を少し起こさせ軟鉄部分に硬い層を形成、

切った食品の剥がれをよくすることで調理の快適性を向上しています。



修理の依頼


両刃の包丁

遠方の方など、購入後一年以内でしたら包丁を送ってくだされば刃付け、刃欠けの修正、メンテナンス行います。(ご返送は着払いでさせてください)


一年を過ぎている物は、手研ぎで直せるものは1,200円、

機械で修正しないといけないものは3,000円で修理いたします。


片刃の包丁

手研ぎで直せる物は2,000円で、

機械で修正しないといけないものは5,000円で修理いたします。

上研ぎは20,000円で行います。


研ぎ直し依頼は、発送前にご連絡ください

電話 080‐6310‐9829

メール myouken_tantoujyou@icloud.com



柄材は、ウォールナットに含浸させた 拭き漆


漆に玉鋼の粉末を混ぜました

漆と鉄が化学反応を起こし、生漆とくらべて黒味が生じています



25,000円

(日本国内送料込み)

paypalで購入
$233

International shipping is $ 20